環境活動方針 / コンプライアンス取組み

 

環境活動方針

環境方針

東罐興産は、東罐興業グループの一員として下記「基本方針」に基づき環境保全活動に取り組んでいます。

基本理念

東罐興業グループは包装容器を通じて生活文化の向上を図るとともに持続可能な地球環境を保全するためバリューチェーンにおける環境課題の継続的改善に取り組み社会に貢献します

基本方針

  1. 省エネルギーに努めCO2排出量を削減します
  2. 製品ライフサイクル(資材調達から生産・物流・消費・廃棄/リサイクル)の各段階における環境負荷を配慮して商品開発と技術開発に努めます
  3. 投入資源の削減や企業活動により発生する排出物の減量化・再資源化に努めます
  4. 地球環境保全に関する諸規制を遵守するとともに自主管理基準を設定し環境保全の維持向上に努めます
  5. ステークホルダーとの共生を目指し環境コミュニケーションを行います

東罐興業株式会社 代表取締役社長 笠井 俊哉

コンプライアンス活動への取組み

当社は、2009年3月に「リスク・コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンス活動をスタートしました。具体的には、役員・従業員一人ひとりに、常に正しい行動をとるための判断基準として、「企業行動規準」を配布し、社内相談窓口を開設するとともに、社外の専門会社に「企業倫理ホットライン」と「セクハラ・人間関係ホットライン」の相談窓口を委託するなど、 社内にコンプライアンス精神の浸透と定着を図るとともに、東洋製罐グループ各社と連携を取りながらコンプライアンス体制の構築に取り組んでいます。
page top