東罐興業のホームページへ サイトマップ
ホーム 会社を知る 社員を知る 新卒採用 障害者採用
塩田 圭一郎 田村 和久 川俣 美貴 栗原 伸一郎 佐藤 那亮 田所 裕章 石橋 朋実
HOME
社員を知る栗原 伸一郎
栗原 伸一郎
研究開発部ではあらゆるテーマで新製品開発が行われていますが、基礎技術グループに属している私が今、取り組んでいるテーマは2つ。1つは電子レンジ用の紙コップの改良。そしてもう1つはIH調理器で調理可能なプラスチック容器の開発です。現在普及が進んでいるIH調理器に対応させ、時代にマッチングした商品の開発を行っています。日々、試作、安全機能のチェック、改良と、根気のいる作業の繰り返しですが、若いうちから、新しい分野に挑戦できる環境で働けていることに、とても充実感を感じています。
私は学生時代、機械工学科で流体力学を学んでいました。でもいつからか、空気や水など見えないものを研究するより、スーパーやコンビニで消費者の方に直接手にとってもらえるような、身近な"もの"を作りたいと思うようになり、商品開発に興味を持つようになりました。
そこで就職先は、ものづくりの特定の分野で圧倒的なシェアを持っている会社、経営状態が安定している会社をリサーチ。そして出合ったのが東罐興業でした。正直、紙コップの会社なんてかなりマニアックだなあというのが第一印象でしたが(笑)、ここなら本当にみんなに使ってもらえる"もの"が作れそうだと感じました。
それから、人事の方と話をした時の印象がよかったというのも、入社の決め手の1つになりました。就職活動中、さまざまな企業の方と話をしていると、マニュアル通りの対応をされることもあったのですが、東罐興業はいい意味で人事っぽくないというか、親身に相談に乗ってくれて、とても人情味があったのです。そのときの印象は、実際会社に入ってからも変わっていません。フレンドリーな雰囲気の社風も、自分には合っていると思っています。
開発チームと分析チームから成る基礎技術グループは、入社2、3年目の社員が中心の若いチームです。私が分析チームから開発チームにシフトしたのは、入社3年目の時。当時、いきなり主幹を任されてとても驚きました。でも当然のことながら、若いから何もできないというのは言い訳にはなりません。自分で考えつつ、分からないことはチームの上司や先輩、ときには他の部署の先輩にも相談して解決していきました。上司や先輩方は、自分の意見ややり方を押し付けるのではなく「その考えもいいね。でもこういう方法もあるんじゃない?」と、こちらの意見を尊重しながら、フォローしつつ任せてくれるので、とてもやりやすかったのを覚えています。
こんなふうに、他の会社ではまだ先輩についてアシストをしている時期に、もう責任を担う仕事ができるという環境は当社ならではかもしれません。その分、緊張もしますが、みんな昼休みにはサッカーやゴルフなどをしてうまく息抜きをしているようです。スポーツといえば、年に数回、本社チームや工場チームと野球の試合をすることもあります。開発センターチームは、野球の経験を問わず参加OK。おかげで今までの戦績はイマイチですが(笑)、最近大学野球経験のあるピッチャーが入ったので、次こそ勝てるのではないかと期待しています!
学生時代に分析・開発に関することを何も学んでいなかった私は、専門書を読んだり、容器メーカー向けのセミナーに参加したり、入社してから独学で勉強をはじめました。幸いセミナーなどの費用はすべて会社がフォローしてくれるので、興味があるものにはどんどん参加できました。
商品開発は、特定の知識を持っていればいいというものではありません。紙やプラスチックなどを扱う素材に関する科学の知識、機械の図面を書く技術、私のようにIHや電子レンジにかかわる商品を開発するなら電気の知識も必須です。学生時代に専攻していないからとか、知らないから出来ないと言っていたのでは仕事になりません。逆に、学生時代に何を学んでいても、決して無駄にはならない仕事だとも言えると思います。私たち若い世代は、勉強してなんぼ。知識を身に付けることを楽しみながら、なんでも柔軟に吸収できる好奇心旺盛な人なら、この会社はとても合っているのではないでしょうか。
車が好きで、技術開発センターは東名高速も近いので、たまにドライブ旅行に出かけて息抜きしています。
行き先は関西方面なら大阪、京都など。それから東北の岩手にも行きました。何度か会社の同僚と行ったこともありますよ。
また、御殿場という土地は、富士山や箱根という観光スポットも目の前なので、近くをドライブするのも気持ちイイですよ。
ページトップへ