東罐興業のホームページへ サイトマップ
ホーム 会社を知る 社員を知る 新卒採用 障害者採用
塩田 圭一郎 田村 和久 川俣 美貴 栗原 伸一郎 佐藤 那亮 田所 裕章 石橋 朋実
HOME
社員を知る塩田 圭一郎
塩田 圭一郎
紙コップを製造する機械の設計、組み立てを行っている設計工作部。その部内にある3つのグループのうち、装置設計グループでは主に社内設備の設計と立ち上げを行っています。仕事をしていて一番喜びを感じるのは、自分が設計した機械を初めて動かした瞬間です。これは、何度経験しても本当に感動します。
機械にもそれぞれ作り方に違いがあるので、自分が携わった機械で作られた紙コップは見ただけでわかります。初めて、その紙コップが使われている商品をスーパーで見たときは、嬉しくて10個まとめ買いをしてしまいました。こういった気持ちを味わえるのも、作った製品が市場に数多く出回る当社ならではの醍醐味といえるのではないでしょうか。
大学時代は、機械工学を専攻していました。学んだことは図面の作成や材料力学など、机上での作業に使う技術がほとんどでしたが、昔から機械に携わっていた父の仕事の影響で、自分の手で機械を組み立てる作業もやってみたいと思っていました。
そこで就職するなら、機械系で、さらに設計もできる会社にしたいと思い、調べていくうちに東罐興業の存在を知りました。説明を聞くと、設計などの机上仕事も、機械を組み立てる油臭い仕事も、好きなことが両方できる環境にあることが分かり、とても興味を持ちました。
会社を選ぶ上で最終的な決め手になったのは、当時、当社の選考中に面談をしてもらった厚木工場生産部門のある管理職の言葉でした。学んで来た知識が通用するか心配していた私に、「入社のときに専門知識はいらないよ。やる気と好奇心さえあれば大丈夫。知識は入社後にいくらでも身につけられるからね。それはどの会社を選んでも同じだよ。それより、自分が悔いの残らない仕事ができるように自分に合った会社が見つかるよう日々頑張ってね」と話してくれました。必要なのは知識ではなくやる気、さらには東罐興業に限らず、自分に合った会社を是非見つけてほしいというこの言葉に器の大きさと強い魅力を感じ、こういう人のいる会社なら一緒に働いてみたいと思い、入社を決心しました。
私は入社2年目から、新型紙コップ成型機の開発プロジェクトに、携わりました。他社と共同開発する大きなプロジェクトということで、立ち上げ時には合計6名のメンバーを集めて設計を行うことになり、
機械立上げ時にはリーダーを務めさせていただきました。
新成型機の開発は当社でも10年ぶりのこと。責任とプレッシャーも相当なものでしたが、悩んだときには上司や先輩に相談し、随分フォローしていただきました。 そしてスタートから3年、ついに生産ラインにまで乗せることができました。通常は約1年で完成するものが多いので、この新機には倍の時間を要したことになります。それだけに、製品が市場に出回った際は本当に感慨深かったですね。
完成から約2年がたち、今は順調に発注もいただいています。それが評価され、2009年度には"社長表彰"もいただきました。もちろん評価されるのは嬉しいことですが、評価は後から付いてくるもの。それよりも実際に商品として世に送り出され、役立つものを作ることができたということに充実感を感じています。
「仕事も遊びも一流!!」というのが私のモットー。今、ハマっているのは学生の頃からやっているゴルフです。御殿場という土地柄、近くにいいコースがたくさんあり、ゴルフ好きには最高の環境なので、私も月に3回は通っています。今はスコア80前後ですが、もっと高スコアを狙いたいですね。
仕事面では、年に1つは資格を取得することを目標にしています。
会社で認められた通信教育や資格試験の費用は、すべて会社が負担してくれます。やる気のある社員はとことん応援してくれるので、非常に恵まれた環境で勉強をすることが可能です。
私の夢は、どこでも通用する技術者になること。そして紙コップ成型機を作っている国内唯一の企業の一員として、品質、機能、すべての面で海外製の機械を超えるものを作るのが目標です。また新たな成型機の開発に取り組める機会があったら、今までのノウハウをすべて注いで、最高の機械を作り上げたいと思っています。
休日は服などショッピングに出かけたり、スポーツ(ゴルフ、サッカー、バスケ)をしたりしています。
家でくつろぐより、外に出て過ごしていることの方が多いですね。
また、年に数回は大学時代の友人と温泉旅行に行き、リフレッシュしています!
ページトップへ