会社情報
会社概要
会社沿革
会社沿革
昭和18年 2月 会社創立 大阪市淀川区において東罐化学工業株式会社を設立し、合成樹脂成型業を開始する。資本金15万円。
昭和25年 4月 社名変更 社名を現在の東罐興業株式会社に改称し、紙及びプラスチックによる総合包装容器事業に進出する。
昭和27年 9月 東京工場新設 東京都世田谷区に紙コップ並びに紙器工場を新設し、操業を開始する。
昭和34年 4月 横浜工場新設 横浜市鶴見区に段ボール工場を新設し、操業を開始する。その後、35年10月に仙台工場、36年12月に福岡工場を新設し、段ボール事業を拡大する。
昭和39年 4月 大阪工場新設 摂津市に段ボール工場を新設し、操業を開始する。その後、47年4月にプラスチック工場をそれぞれ併設する。
昭和40年 2月 厚木工場新設 神奈川県綾瀬市に紙コップ工場を新設し、操業を開始する。その後、43年7月に紙器工場、45年5月にダンプラ工場をそれぞれ併設する。
昭和49年 4月 茨城工場新設 茨城県江川工業団地に、プラスチック工場を新設し、操業を開始する。(同時に東京工場を閉鎖する)その後、51年8月に段ボール工場を併設する。
昭和54年11月 小牧工場新設 小牧市に紙コップ工場を新設し、操業を開始する。その後、58年2月にラミコン工場、63年2月にプラスト工場を増設する。
昭和56年 1月 本社の移転 本社を東京都千代田区へ移転する。
平成 2年11月 静岡工場新設 静岡県大東町に、紙コップ工場を新設し、操業を開始する。
平成 8年 2月 技術開発
センター開設
静岡県駒門工業団地に技術開発センターを開設し、業務を開始する。
平成12年 4月 福岡工場新設 福岡県宮田工業団地にプラスチック工場を新設、ラミコン、BIB製品の操業を開始する。
平成15年10月 段ボール・紙器部門を新設分割 段ボール・紙器部門をトーカンパッケージングシステム株式会社として新設分割する。
平成24年 1月 本社の移転 本社を現在の品川区東五反田へ移転する。
  pagetop